2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

アドバイザ

部品資料

  • 真空管○百科
    日本唯一の真空管専門情報サイト 真空管の規格表、オークション出品、落札状況が検索できます。

リンク - Mac関連

« 19AQ5ヘッドホンアンプ(3) | トップページ | 19AQ5ヘッドホンアンプ(5) »

2007年2月 9日 (金)

19AQ5ヘッドホンアンプ(4)

07020919a9501先週よりN氏に指摘されていたマジックの汚い文字ですが、とりあえずNAME LANDでこんな風にしてみました。
写真では分かりにくいですが実はテープの端が目につきます。ほんとはインスタントレタリングできちんと貼った方がきれいなんでしょうね。

07020919aq5_power_switch先週末取り付けたヒーターの直列並列を切替えるスイッチの配線ですが、情けない事に私の頭が悪いようで幾度も間違えていました。
慣れている方ならどうということはないのでしょうが、自分の覚書代わりに配線図をメモしてみましたので、参考にされる方がいましたらどうぞ。
細かい事ですが、今回トランスケースとして取り付けたケースの垂直面にスイッチを取り付けたため、スイッチを上にした時にONあるいは高い電圧がかかるようにしています。
これは万一物を落とした時等に不用意にスイッチが入らないようにするためですが、ノーマルのケースのように水平面に取り付ける場合は逆で構いません。

ところで125Vと150Vの音質の違いなのですが、一週間たったのにもかかわらずあいかわらず、あまり変化が解っていません。
150Vにすると微妙に音圧感が変わる気がするものの、今のままでは高いコンデンサーやスイッチをつける程の差ではないようです。
私の耳が悪いだけなのか、バイアスによって変わるのかまだわかりませんが…
※前者の可能性が非常に高いです。

実はトランス交換後は408Aではなく、19AQ5を使用するようになってしまいました。
低音がしっかり鳴る19AQ5に対して408Aではどうも低音が軽く聞こえてしまうようです。
ノーマルのトランスでは408A(SYLVANIA金ピン)の解像感が好きだったのですが、今後考え方を変えるかちょっと悩んでいます。
折角なのでそろそろ全然別の球に手をだすべきなのでしょうか?

今のところ数日毎に少しずついじって変化を楽しんでいる所です。
今日は試しに入力トランスをバイパスしてみました。(これは多分元に戻します。)

« 19AQ5ヘッドホンアンプ(3) | トップページ | 19AQ5ヘッドホンアンプ(5) »

コメント

う。内部改造のみならず、レタリングも先を越されてしまった。
ん?ネームランド?カシオ?
ここぞとばかりの鮮明な写真を見るとそんなにお手軽には見えませんね。
さて、フロントボリュームのレタリングシートをPCで作ろうかと思ってます。
高級そうに見える方法はないでしょうか?

ネームランドお手軽ですよ。簡単にはがれますし。

プラモデルにも縁のない生活でしたから
一見高級そうに見える工夫すらどうにも思い浮かびません。
レタリングシートの上から厚めのコーティングをしたらいいのでしょうか?

確かネームランドにも転写式のテープ有ったと思います。

インスタントレタリングシートって言うのが。実際使ったことはないのですが聞くところによると

ありがとうございます。テープちょっと調べてみます。
でもプリンターで転写式レタリングシートを使うのがよさそうですね。

この後はカルトの世界(笑

tsugei様いつも大変お世話になっております。
カルトもオカルトも避けていたのですが、ケーブル変更で自在に音が出る真空管って面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202216/13843704

この記事へのトラックバック一覧です: 19AQ5ヘッドホンアンプ(4):

» 御同輩多いなぁ>ヘッドフォンアンプ [shibata(hi) shokudou]
DIYオーディオ: 19AQ5ヘッドホンアンプ(4)を発見。 「素人がDIYオー... [続きを読む]

« 19AQ5ヘッドホンアンプ(3) | トップページ | 19AQ5ヘッドホンアンプ(5) »

Google AdSense



無料ブログはココログ