2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

アドバイザ

部品資料

  • 真空管○百科
    日本唯一の真空管専門情報サイト 真空管の規格表、オークション出品、落札状況が検索できます。

リンク - Mac関連

« 2007年5月 | トップページ

2007年6月10日 (日)

超薄型電源トランス KmB1820

070609kmb1820春日無線変圧器さんで電源トランス KmB1820 を購入しました。
これはかなり贅沢なトランスで、超薄型にもかかわらずで200V-0-200V 20mA、12.6V 0.8A の出力です。
現在調整中の12AX7-12AU7を使用したSTAXのドライバであれば、ヒーター電流は足りそうです。
B電源には工夫が必要そうですが、差動なら何とかなるのではないかという甘い読みで買ってきました。
コンパクトな電源トランスなので、万が一うまく行かないようなことがあっても小さなアンプに転用可能です。

まずは暇を見つけてSTAX用ドライバーアンプに組み込んで、電源トランスレス回路の恐怖から開放されたいと思います。

2007年6月 9日 (土)

STAXイヤースピーカー用真空管ドライバ(5)

070609stax_driverどうやらSR-003に対して12AX7 + 12AU7 の組み合わせではゲインが高すぎるようです。そう言えば、ボリュームツマミを最小からちょっとだけ動かしただけでもものすごい大音量になります。B特性の250KΩのボリュームも相まって最悪です…
負帰還をかければいいのだと思うのですが、GW中と違いなかなか改造する時間がとれません。orz

仕方がないので初段の真空管も12AU7に変更してみました。
4本の12AU7としたところ、多少ゲインが下がり、
SR-003でもボリュームツマミが少し上げられて、
ボリュームツマミをいじった時のの音量が安定するようになりました。
N氏に借用したSR-202だとそれほど問題がないようなので、SR-007やSR-404なら平気かもしれませんね。

先に書きましたが、SR-003だと相変わらず低域が強調されているため調整が必要です。
現在電源トランスレス、容量過多の結合コンデンサといった回路ですが、
安全性の確保と、ある程度バランスのいい音とするのを当面の目標として今後下記のような修正を考えています。

1. 結合コンデンサの交換
0.1uFから当初の回路図通りの0.047uFへ交換
2. 電源トランスの組み込み
 ライン出力をしている上流の機器との接続に危険を感じています。
 絶縁を最大の目的としてトランスを入れようと考えています。
 リップルが減らせれば一石二鳥です。
3. 差動増幅
 位相反転回路をPK分割から差動に変更。
4. 負帰還回路への変更
調整は時間に余裕があるときに…
5. ボリュームの変更
 A特性のボリュームに変更したいですね。

« 2007年5月 | トップページ

Google AdSense



無料ブログはココログ